FC2ブログ
先日、たった2日間のお盆の帰省を終え、翌日に富山の大学病院で診察のある父を乗せて富山に戻りました。
担当の先生の診察曜日が変更になったため、この日はCTと血液検査のみとなり、いつもより早く病院が終わったので、父の大好きな鮎をお昼にいただこうと砺波市・庄川のほとりにある 「鮎や」 さん へ行ってきました。
富山では、神通川や常願寺川など他でも鮎釣りが行われていますが、この庄川は特に盛んでこの日も多くの釣り人が胴長をはいて川に入り釣竿を伸ばしていました。
お店のお座敷の窓からもその光景が眼下に広がっていました。。。

この庄川の鮎は県内でも特に好まれています。
鮎つうの方々はその川その川の苔によって生じる味の違いもわかるそうです。

バタバタしていて私たちも今年は初めての鮎。

次々と鮎尽くしのお料理が運ばれてきます。



   鮎お造り・ブログup


これは、鮎のお造り。。。
淡白でいてほどよい上品な脂のりが何とも言えません~♪



   鮎酢の物・ブログup


こちらは、鮎の酢の物。
大根おろしでさっぱりと・・・。
鮎のほのかな風味も殺されることなく、絶妙な夏のお味。



   鮎すり身団子おすまし・ブログup


鮎のすり身団子のおすまし。。
何ともいえない優しいお出汁の効いた、繊細かつ芯のとおった澄んだお味です。
んん~、心まで沁みとおります。



   鮎唐揚げあんかけ・ブログup


から揚げのあんかけと骨せんべい。
カラッと揚がった鮎は骨までほろっといただけます。
あんの衣は優しく舌触りも良く唐揚げをソフトに口に出会わせてくれるナイスアシスト!
そしてきつ過ぎない甘酢味が夏の体に優しいパンチとなって細胞を呼び覚ませてくれる感じ。。
骨せんべいも香ばしくサクサク♪



   鮎うるか・ブログup


これが極めつけの 「うるか」 。
鮎の内臓のいわゆる塩辛。。。
これは絶品! 
白いご飯を究極に美味しくしてくれます♪



   鮎塩焼き・ブログup


メイン、鮎の塩焼きです!(これで2人分)
(ちょっと焦ってしまったのでコーディネイトが出来ていませんが・・・汗)
金串を打って囲炉裏に立てて炭火でこんがり焼きあげた絶品です。
絶妙の火の通り具合で、もちろん頭からすべていただけます♪
焼いているところを写真におさめられなかったのは残念でした。
(また次回に・・・)

こうして、鮎を思う存分堪能して幸せ気分で家路につきました。



   庄川・鮎や・ブログup







スポンサーサイト



2011.08.22 / Top↑